アイヌ語名:コタンコロカムイkotankorkamuy  日本語名:シマフクロウ
コタン-コロ-カムイ 意味「村を領有する神」


下:幼鳥
アイヌ文化
シマフクロウは村を守る神として、北海道各地であがめられていました。この鳥は十勝でも「エカシ(おじいさん)が座っているように見える」という表現がされるほど大きなフクロウです。昔は幼鳥を捕まえると、クマと同じように神の国へ送るイオマンテの儀式がおこなわれました。
また、アイヌの人たちに伝わる物語の中にもシマフクロウが主人公の物語がたくさん伝わっています。
<伝承>
この鳥は猟をしに来た人にクマの居場所を伝えるといわれました。(本別)
また、この鳥はクマの行動を監視しているといわれ、悪いクマから人間を救うと伝えられていました。(更科・十勝)
自然
世界最大のフクロウの一種で、北海道では200羽程度が生息するとされる絶滅危機種。翼を広げると1.8mほどにもなり、十勝では数10羽が生息するといわれています。サハリン、ロシア沿海地方にも分布します。
山奥の鳥のように思われていますが、本来は平野で川がゆったり流れ、大木のある林にすんでいました。流れが緩やかな方が魚が捕りやすく、営巣場所の大きな樹洞も必要だからです。
ですから本来は人間と生息地を共有する「里」の鳥であり、「村を領有する神」というアイヌ語名はその習性を反映しているようです。