ホームへサイトマップ
帯広百年記念館 アイヌ民族文化情報センター
十勝の歴史
十勝アイヌ年表はこちら

アイヌの人たちは北海道をはじめ、サハリン(昔、樺太〔からふと〕といっていた北海道の北にある島)、千島列島、本州の東北地方を中心に、豊かな自然のなかで動物や魚をとったり、多くの植物を利用したりしながら生活していました。十勝でも十勝川やその支流、歴舟川などの川にそってたくさんのコタン(アイヌ語で「村」の意味)がありました。

15世紀ころから蝦夷地に住む和人(本州などに住んでいた人びと)が多くなるにつれ、アイヌの人たちと和人との間でいろいろな問題が起こり、コシャマインの戦い(1457年)やシャクシャインの戦い(1669年)、クナシリ・メナシの戦い(1789年)などに発展しました。そして、アイヌ民族は松前藩や和人の商人たちによる社会に組み込まれていくようになり、その生活はとても苦しいものになりました。地域によっては奴隷(どれい)のように働かせられたり、和人が持ち込んだ伝染病の流行などによって人口が激減したりしたところもありました。

明治にはいると蝦夷地は北海道と名称が変わり、明治政府の植民地政策によって本州などからたくさんの人々が入ってきて開拓を進めました。このため、アイヌの人たちが伝統的生活を営める場所やその文化も失われていきました。

こうしたなか、十勝では1885(明治18)年にアイヌの人たちに農業をおこなわせるため、帯広の伏古や音更など12ヵ所に集めて農業指導がおこなわれましたが、うまくいきませんでした。

その後、1899(明治32)年に北海道旧土人保護法が成立するなかで、日本人となるための教育によって同化政策が進められると、ますます生活は苦しくなるとともに、いわれのない差別を受けるようになりました。

このようにアイヌ民族の伝統的な生活や文化がこわされ、差別に苦しむなかで、アイヌ民族自立への運動や文化の復興(ふっこう)に努力した人々もあらわれました。十勝では帯広の伏根弘三氏や幕別の吉田菊太郎氏などが活躍しました。さらに1927(昭和2)年、「北海道ウタリ協会」の前身である「十勝旭明社」が帯広で誕生し、現在のアイヌ民族のさまざまな活動の基礎を築いていきました。

文化の伝承では、帯広で1950年代に「十勝アイヌウポポ愛好会」がつくられ、1964(昭和39)年には「帯広カムイトウウポポ保存会」になってアイヌ民族の伝統的な歌や踊りを伝えていく活動がさかんになり、現在では保存会の活動をはじめ、帯広アイヌ語教室や伝承教室など文化の伝承、保存活動が活発におこなわれています。また、1997(平成9)年に「アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律」が作られると、十勝の各地でも文化活動がさかんにおこなわれるようになりました。

「北海道旧土人保護法」や「アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律」については、北海道のホームページを参照してみてください。
http://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-soumu/soumuka/ainu/sinpou2.html

 このページのTOPにもどる