ホームへサイトマップ
帯広百年記念館 アイヌ民族文化情報センター
十勝のアイヌ語地名

 北海道の地図を見てみると、漢字のほかにカタカナの地名もあるね。漢字のなかにはどう読んでよいかわからない地名もあるんじゃないかな。 じつは北海道の地名の多くは、アイヌの人びとがつけたアイヌ語の地名なんだよ。

 そして、このアイヌ語の地名は、北海道のほかにサハリン(昔の樺太)、千島列島、それに本州の東北地方にもあることがわかっているんだ。  このような地名のなかで、ヌプカウシヌプリやクマネシリといった山の名はアイヌ語の発音をカタカナで残したものなんだ。

 それから、帯広や室蘭などの町の名前は、それぞれオペプ、モルエラニというアイヌ語の発音を漢字にしたものなんだよ。

 それに清水や砂川などの町の名前は、もともとのペケペッ(清い川)やオタナイ(砂浜がついている沢)というアイヌ語を日本語に訳したものなんだ。

 ところで、こうしたアイヌ語の地名は、その場所がどんな形をしているかをあらわしていることが多いんだ。だから、地名を見ただけでその場所がどのようになっているかわかるんだよ。

 アイヌの人たちは昔、山で猟をしたり、山菜をとって生活をしていたから、地名を見ただけでどんなところかわかるというのは、とても便利なことだったんだ。

十勝 トカプシ
「乳房が付いているところ」、トカプチ「乳房が焼ける」、トカプチ「幽霊」などいくつかの説がありますが、もともとの意味はわかっていません。

map

本別町 ポンペッ 
「小さい川」

勇足 エサンピタラ 
「頭が前の方に出ている川原」。 エサンピタラという発音に「勇足」という漢字をあてはめましたが、読みにくいので、「ゆうたり」と呼ぶようになりました。

美里別
次の説があります。
1.ピカアンペ 「美しくある水」
2.ピペッ 「渦の川」

足寄町 エショロペッ
「沿って下る川」 。釧路の方から阿寒を越えてくると、この川に沿って十勝や北見に出られたのでこのように名付けられたと言われています。

カムイロキ山 カムイエロキ
「神様が座っていらっしゃるところ」。このような名前が付いている所は、神様がいらっしゃる場所として大切にされました。

大誉地 オイオチ
「川尻にヘビが多くいる川」

陸別町 リクンペッ
「高いところにある川」

斗満 トマム
「湿地」

小利別 ポントゥペッ
「小さい利別川」

鹿追町 クテウシ
「鹿とり柵のあるところ」

然別川 シカリペッ
「回っている川」

ヌプカウシヌプリ ヌ゚カウヌプリ
「野の上にいる山」

清水町 ペケペッ
「水がきれいな川」。アイヌ語の訳に漢字を当てはめた地名です。

人舞 ニトゥオマプ
「寄せ木がある川」

熊牛 クマウシ
「物干しがたくさんあるところ」

新得町 シット
「水がきれいな川」。アイヌ語の訳に漢字を当てはめた地名です。

人舞 ニトゥオマプ
「ひじ」。川の曲がったところや山がとび出たところをさしています。

新内 ニウンナイ
「木がある川」

トムラウシ山 トポンラウシ
「水草のあるところ」。トポンラは温泉の流れ込む川底にある水草のようなものです。このような名前がつけられたある特定の場所が、山全体の名前になったのでしょう。

中札内村
札内川の中流にあるのでこの名が付きました。

コイカクシサツナイ岳 コイカクサッナイ
「東を通る札内川」。もともとは川の名前でしたが、それが山に付いたものです。

ピョウタン ピオタウン
「小石と砂がある」

大樹町 タイキウシ
「ノミがたくさんいるところ」

歴舟川 ペルプネイ
「水が大きい川」

神威古潭(かむいこたん)カムイコタン
「神の村」

広尾
次の説があります。
1.ピロロ 「陰のところ」
2.ピオロ 「石のところ」
3.ピルイペッ 「と石の川」
4.ピラオ 「崖のところ」

野塚 ヌプカペッ
「野の川」

楽古 ラコペッ 
「ラッコの川」。ラッコは広尾の水族館でも飼育されている海の動物のことです。

帯広市 オペプ
「川尻が分かれ分かれする川」
昔は十勝川に入る河口の所がたくさん枝分かれしていたと考えられています。

売買川
はっきりした意味はわかりませんが、次の2説があります。
1.ウウェカリプ「(とった魚などの)集め場所」
2.ウレカリプ 「足を回した所」

十勝幌尻岳 ポロシ「大きな山」
この山は十勝でも日高でも神が住む山と考えられていて、頂上近くにはカムイトー「神の沼」という沼があると信じられていました。

芽室町 メムオペッ
「わき水のところの川」

美生 ピパイロペッ
「カワシンジュガイが多いところ」

ピウカ川
ピウカ 「小石の河原」

音更町 オトプ
「髪の毛の所」?はっきりしたことはわかりません。

鎮錬川 チンレコマプ
「動物の皮を干す道具の向こうのところにある川」

長流枝内 オサルナイ
「川尻にアシ原がある川」

士幌町
よくわかりませんが、次の説があります。
1.スホロペッ 「なべを水につけた川」
2.シホカペッ  「本当のホロカ川」

居辺
よくわかりませんが、ウペッかもしれません。
ペッ「丘の川」

上士幌町
士幌川の上流にあるのでこの名が付けられました。

ナイタイ川
よくわかりませんが、次の説があります。
1.ナイタユペ 「チョウザメ」
2.ナイエタイェペッ 「沢の頭がずっと奥へ行っている川」

糠平
ノカピラ 「形のある崖」

池田町
 明治29年に池田牧場が作られたところからこの名が付きました。昔はセイオサム(貝殻のところのそば)と呼ばれていました。

利別川 トゥペッ
「縄川」?はっきりしたことはわかりません。

千代田 チエオタ
「私たちが食事をする砂場」

幕別町 マクンペッ
「後ろにある川」

止若 ヤムワカピラ
「冷たい水がある崖」

白人 チロットー
「鳥が多くいる沼」、あるいはチロトー「鳥が座ってる沼」と思われます。

札内 サッナイ
「乾く川」。この川は冬になると戸蔦別川から上流がかれてしまうので、このように名付けられたと伝えられています。

旧忠類村 チウルイトープイ
「流れの激しい当縁川」。このチウルイに漢字をあてはめたものです。

当縁川
次の説があります。
1.トープイ 「沼の穴」
2.トープチ 「沼の口」

幌内 ポロナイ
「大きい川」

更別村 サペッ
「アシ原の川」

イタラタラキ
イタッタケイ「そこが踊り踊りするところ」?
ここは湿地だったので、歩くと地面がぐらぐらするから名付けられたという説や、川に波が立つので名付けたという説などがありますが、よくわかっていません。

勢雄
よくわかりませんが、アイヌ語だとすればセイオ「貝がたくさんある」、セイオイ「貝がたくさんあるところ」と考えられます。

浦幌町
いくつかの説があります。
1.オラプオロ 「ヤマシャクヤクのところ」
2.ウラポロ 「霧が多い」
3.ウライポロ 「魚をとるための仕掛けが多い」

厚内 アプナイ
「釣り針の川」

昆布刈石 コンブカウシ
「昆布をいつもとるところ」

豊頃町
豊頃町のどこかにあった地名から付けられたのでしょうが、意味はよくわかっていません。

大津
次の説があります。
1.オオホッナイ 「深い川」 
2.オホウッナイ 「深い枝川」

茂岩 モイワ 
「小さい山」

 このページのTOPにもどる